千葉県立千葉中学校

千葉県立千葉中学校は、千葉県立千葉高等学校に併設されている中高一貫の男女共学校です。千葉県立千葉高等学校に2008年に併設された、千葉県で唯一の県立中学校です。通称は、「千葉中」です。千葉県千葉市中央区葛城一丁目にあり、JR本千葉駅から歩いて10分ほどの高台にあります。また、周りには県立中央図書館、千葉県文化会館、千葉市立郷土博物館などがあり、緑豊かな落ち着いた環境の中で学生生活を過ごすことが出来ます。

千葉中学校の教育目標として、「高い知性」、「豊かな人間性」、「高い志」と謳っています。又、教育方針にも、「豊かな人間力」といった文言が入っており、人材育成に力を入れていることがわかります。校則はほとんど無く、生徒はのびのびと生活することが出来ます。千葉中学校は、非常に自由な校風で知られています。生徒は一人ひとり、自分の目標に向かって思い思いに生活することが出来ます。併設されている千葉高等学校は全国的に見ても最難関校として知られ、東大や京大と言った難関校に合格者を輩出しています。千葉中学校は中高一貫教育でしっかりとしたカリキュラムで学ぶことが出来、難関大学合格を目指す生徒にはうってつけの学校と言えます。

千葉県立千葉中学校に合格するためには、10倍を超えるほどの倍率をクリアしなくてはいけないほどの難関校になっています。又、受験には一次検査があり、それをクリアしないと二次検査に進むことが出来ません。合格するためには、小学校の授業だけでは対応できないので、やはり学習塾や家庭教師での勉強が必要になってくるでしょう。