城ノ内中学校

城ノ内中学校は、徳島県徳島市北田宮にある県立の中学校です。同校は、平成16年4月に設立された県内初の併設型公立中高一貫校です。平成26年度より、「数学」、「英語」、「理科」の3科目において、中3の後半から高校内容の先取り学習を始める「リーディングハイスクール」の指定校にもなりました。

教育方針には、「社会の平和と発展」、「豊かな人間性、国際性」といった文言が見られます。同校では、中高の6年間を2年間ずつ「基礎期」、「充実期」、「発展期」の3期に区分し、生徒の年齢と理解の段階に応じて、学びの比重を変え、根拠ある学力の向上を図っています。また、理科、数学、英語教育に重点を置き、中高で一貫性のあるカリキュラムを編成しています。

城ノ内中学校には,県内全域から生徒が集まります。アットホームな雰囲気の中でも良い意味で競い合いながら学校行事や部活動に参加できます。さらにはあらゆる教育活動を通して、協調性や社会性を身に付けた人間性豊かな生徒を育成し、社会のリーダーとして活躍できるたくましい人材を育成しています。生徒の多様化した進路希望に対応するためのカリキュラムを編成し、少人数指導や習熟度別学習等のきめ細かな指導を行っています。早い段階から将来的な目標を設定できる方にとっては、夢の実現への第一歩となる頼もしい学校です。