園部高等学校附属中学校

園部高等学校附属中学校は、京都府南丹市にある府立中学校です。2006年に、京都府立園部高等学校の中高一貫校の附属校として府内では京都市以外で初めて併設されました。京都府立としては、平成16年4月開校された洛北高等学校附属中学校に次ぐ2校目の府立の高等学校附属中学です。園部高等学校の通称は、「園高」です。2006年度から2008年度までの3年間、文部科学省より「スーパーイングリッシュランゲージハイスクール」に指定されました。英語に興味がある方、得意な方、将来、英語を活かした職業を考えている方には更に力を伸ばすことが出来る学校と言えるかもしれません。

園部高等学校附属中学校の卒業生は、入学試験無しで併設の園部高等学校に入学することが出来ます。園部高等学校附属中学校の基本コンセプトは、「大志・知・創造」です。教育方針では、「健全」、「明朗」、「誠実」を謳っています。コミュニケーション能力の向上とグローバルな視点を持つ人材育成に取り組んでいます。英語の授業の中では「読む力」と「書く力」だけではなく、「聞く力」と「話す力」も伸ばす授業をおこなっています。
園部高等学校附属中学校の中高一貫教育では、中学校・高等学校の6年間を生徒一人ひとりが計画的・継続的に学習することが出来ます。同校では生徒たちが充実した学校生活を送れるように、個性を一層伸ばせるように特色ある教育が行われています。