特色と理想が合致する学校へ

このサイトでは、全国様々な公立の中高一貫校をご紹介しました。冒頭にも述べていますが、中高一貫校は、中学校から無試験(それに近い形)で併設の高等学校に進学出来る「中高一貫教育」の体制を取っています。ご紹介した学校を見てもわかる通り、中高一貫校では、中学校・高等学校の6年間を一貫して教育することによって、色々なメリットが生まれます。ただし、中学校に入学するために中学校受験をしなくてはいけません。

中学校受験で無事に合格することが出来れば、6年間の一貫教育が始まります。中高一貫校でない場合は、中学校は文部省によって決められた範囲の内容のみ中学生に指導します。一方、中高一貫校では中学生の間に、高等学校の内容を指導することが出来るのです。

生徒側に立ってみると高校受験の心配がないことも含め、地に足をつけて大学受験まで勉強に専念することが出来ます。紹介した学校の校訓を見ても、「グローバルな人材を育てる、豊かな人間性を培う」と、謳っている学校が多いです。6年間の一貫教育で豊富な学力を身に付け、その先にある大学受験に向けて万全の体制を取ることの出来る学校が、中高一貫校です。そして、そのさらに先には国際社会でも通じるような、人間性豊かな人材に育つことを学校も生徒も望んでいます。現在社会においてはマニュアル通りの人間ではなく、自主性や創造力に優れた人材が求められる時代となっています。時代に対応できる人材を育てることが、公立校にも求められた結果、中高一貫校が増加していると言えます。